プリンターの目詰まりは業者に依頼|トラブルを素早く解決

インク

費用を安く抑える

会社

中古のコピー機買い取り

私が初めて勤めた会社は、小規模な会社でしたがコピーをかなり使用しました。メンテナンスも有料なので、私がコピー機を綺麗に掃除する係でした。いくら外側を綺麗にしても、コピーすると変なシミが付いているので、中の方を掃除しないとならないといつも感じました。あまり酷くなったのでメンテナンスを頼んだところ、かなり古いのでコピー機を買い替え無いとならないと言われました。新品のコピー機を買うことは会社には大きな支出なので、リースを薦められました。私も社長もリースのお金を支払ってメンテナンスは無償で無いなら、コピー機を買う方が良いのではないかと思いました。社長の決断は、中古の良い状態のコピー機を買うことでした。

リース契約のメリット

中古のコピー機も、何年か使うとまた同じように壊れてしまうかもしれませんが、とりあえずは良かったと思いました。次に勤務した会社は、コピー機はリースをしていました。コピーの量は前の会社は問題にならないほどの量で、コピー用紙A4サイズは一週間以内で五千枚無くなることも普通でした。製図等細かい部分も綺麗にコピーする必要が有ったので、かなり高いコピー機をリースしていました。リースは契約期間が終わっても会社の物にはなりませんが、安い金額でリースが可能だそうです。しかし再リースなら、新しいコピー機にした方が良いと思いました。トナーを購入すると保守点検代金が無料のコピー機の会社も有るので、リースもメリットは多いと思います。